MENU

お母さんはいつだって元気だ。
と、思いたいだけかも。

お母さんはほんと、いつも元気。
喋り出したらとまらないし。(オチもない...)正直、年齢よりかは若く見える。(言わないけど!)
相変わらずだなって、思っていたけど。ふいに、見慣れたその背中が小さくなっている気がした。

2cm以上の身長低下は、骨粗鬆症のサインだと言う。
お母さんのことだから、きっと「歳だから」の一言で受け流すんだろうけど。

ねぇ。今日くらいは、素直に受け取ってくれませんか?
子どもからの心配と、ずっと元気でいてねのお願いを。

2cm以上の身長低下、
それは骨粗鬆症の黄色信号。
50歳以上女性の4人に1人が、
このリスクを抱えていると言われています。
まずは、-2cmに気づくことから。

まずは骨検を動画で知ろう!

let’s CHECK !

ご自宅で簡単にチェックできます

骨粗鬆症
ワン・ツーチェック

監修 公益財団法人骨粗鬆症財団 理事長 折茂肇

準備
かかと、お尻、背中を壁につけて、まっすぐに立ちます。
チェック1.後頭部が壁につく?
壁に後頭部がつけられない方は要注意です。骨粗鬆症による背骨(胸椎)の骨折により、背中が曲がっていることも考えられます。
チェック2.身長が2cm以上低下?
2cm以上の低下は骨粗鬆症の黄色信号です。ある研究データでは、25歳の頃に比べて4cm以上の低下が見られた方は背骨(椎体)骨折の恐れが2倍以上になると報告されています。

骨粗鬆症について知っておきたいこと

よくわかる骨粗鬆症の基礎知識

装飾用の画像

01.実は知らなかった!骨粗鬆症

名前は聞いたことがあるという方が殆どの骨粗鬆症ですが、
「60代のうち5人に1人、70代のうち3人に1人が骨粗鬆症」
ということはご存じでしょうか?

骨粗鬆症になると、日常生活に大きな影響が出る可能性があります。

装飾用の画像

02.骨粗鬆症を予防するには

骨粗鬆症を予防するためには、様々な病気と同じく、検査に加え、運動と食事がポイントです。

正しい知識で、正しく予防をしていきましょう。

装飾用の画像

03.骨の検査の流れ

DXA検査は、骨密度(骨を作るミネラル類が骨にどのくらい詰まっているかを表すもので、骨の強さを示す指標)を測る検査です。

骨密度検査は他にもありますが、DXA検査はエネルギーの低い2種類のX線を使って測定し、全身のほとんどの骨を測ることができます。

装飾用の画像

04.60歳以上のご家族を持つ方へ

骨粗鬆症は、骨がもろくなり骨折が起きやすくなる疾患です。高齢の方で骨折が起こると、健康的な生活を送ることが難しくなることがあります。

骨粗鬆症は早期発見・早期治療が重要ですので、骨粗鬆症がどんな疾患か学び、気にかけてみてください。

骨のでんわ相談室
骨粗鬆症や骨の検査に関することを相談できるコールセンターを設置しています。お持ちのお悩みやご不安、疑問点など、看護師などの相談スタッフがお答えいたしますので、お気軽にご相談ください。
平日9:00~17:00
土・日・祝日・12/31~1/3は除く
装飾用の画像
装飾用の画像
骨粗鬆症は検査ができます。まずは、骨の健康状態を知るために検査を受けましょう。
自分の近くで検査を受ける
骨のでんわ相談室に相談
平日9:00~17:00
土・日・祝日・12/31~1/3は除く
骨のでんわ相談室
相談無料